2018年2月22日木曜日

2018.2.22 「新しい俳句にむけて貪欲に自分の俳句を追い詰めていきたい」by山口昭男

2/10
夫と区役所の出張所でマイナンバーカードを受け取り点心を食べる。そのまま柏へ行き、戸籍謄本をゲットして、以前よく行ったカフェでカフェラテを飲む。夫と電車で別れて『アウトロー俳句』のパーティーへ。翼さんはやはり素晴らしい。翼さんが今みたいに人気者じゃないころから私は翼さんのことが好きでよかったと思った。その後バッティングセンターに行く人たちが羨ましくもあったが、おとなしく帰宅して肉まんを食べた。

2/11
日曜日。今まで行っていたクリーニング屋が徒歩10分近くかかる上高いので、近所に見つけた安いところに初めて行ってみた。午後は夫がスマホを替えたいと言うのでドコモショップに行くも2時間待ちと言われてやめ、喫茶店でコーヒーを飲みながら『セトウツミ』を2巻読んだ。本屋で「文學界」と「dancyu」(日本酒号)、パン屋でパンを買って天ぷら屋さんへ。中高の同級生の美食家ごーくんが教えてくれた店とあって上品でよい店だった。2/13が結婚記念日なので前倒しお祝い。帰宅して『セトウツミ』を一気読みした。

2/12
祝日。朝からドコモショップリベンジ。開店10分以内に行ったがそれでもだいぶ時間がかかった。昼は米こだわりのカフェバーに行ったが、ランチメニューがカレーかおむすびの2択しかなく、夫がカレーに200円でチーズトッピングにしたらスライスチーズが1枚のっていただけで(しかも溶けてすらない)憤慨した。私が夫のファミリーに入るというので義母と連絡がとれないといけないらしく、それを待つあいだ吉祥寺に行き、夫のスマホケースと私の帽子、スープ皿をふたつ買って、昨日とは違うカフェに行った。ドコモショップに戻ったが、私は先にコーヒー豆と米を買って帰った。夜は色紙を書いた。

2/13
はじめての結婚記念日。平日だしお祝いも済んでいるので通常運転。先月体調不良でお休みしたお寺の句会、ぼたんの会に行く。存続の危機で若干もめていた。整体に行き、竹岡一郎さんを囲む会へ。竹岡さんとお会いするのは初めてだったが、ファミレスで楽しく話した。帰りは夫と同じ電車で帰る。

2/14
バレンタインデー。初めての英会話。なにもしゃべれなくて焦る。俳句をやっているとメールに書いておいたので、好きな句を聞かれて、「未だ逢わざるわが鷹の余命かな(池田澄子)」と言ってしまい、説明に苦労しまくる。先生はアメリカ出身の19歳。次回からはテキストを使いましょう、と新宿まで一緒にテキストを買うのについて来てくれて、紀伊國屋で買って別れる。緊張しすぎてフレッシュネスバーガーでアボカドバーガーとビール。世界堂に寄って帰宅。

2/15
福田若之・柳元佑太と海城高校へ。部活に関するアドバイスなどをする。吟行はどこに行くのがいいかとか、句会以外になにをやればいいかとか。卒業生も3人来ていて大所帯になった。終わった後、若くん、やなぎーとご飯。惣一郎も来た。

2/16
午前中はかるい二日酔い。昼はイベントの準備。整体のあとドトールでほうじ茶ラテを飲み買い物をして帰る。ビーフシチューの下準備をした。

2/17
羽生結弦ふくむ男子フィギュアを見る。そのあと「上田信治句集『リボン』をほどく」イベント。永福町で花束を買って行った。当日受付は杏香&やなぎーに頼んだが、それ以外(名簿づくり、資料印刷、二次会セッティングなど)はすべて私が仕切っていたのでいろいろひやひやした。予約していない人も来てくれたりして、椅子が足りない事態になったが、二次会まで含め無事終わってよかった。レポートを頼みそびれたのと、せっかく買った花束をみんなの前で渡しそびれたのが残念だった。疲れたので渋谷からタクシーで帰宅。音源あるんですが、どなたかレポート書いてくださったりしませんか?

2/18
日曜日。昼を食べたあと、スロープスタイル決勝を見て、クリーニングと買い物。スロープスタイルの評価基準は、私が俳句を見るときと似ているなと思った。夕方は予定を立てたり歌詞を書き足したりした。夕飯はイワシソテーでリビング中がイワシの匂いになる。英語も少しやる。

2/19
医者に行って買い物。カフェに行って整体。帰宅してひどい偏頭痛におそわれ、5時間ほど寝込む。関西日帰り出張の夫が、東京駅でバファリンプレミアムを買って帰ってきてくれて助かった。

2/20
区役所で書類をもらったのち、デニーズで仕事。午後は出張走鳥堂@枡野書店。相談者は1名、句会は私含め6人。はじめて来てくれた師匠(あだ名)は妹と高校の同級生で(なので私の高校の後輩)話が盛り上がる。二次会でエロ話をしすぎて深く反省する。

2/21
金子兜太さんの訃報。兜太さんと一番長くしゃべったのは、「サライ」の俳句特集で兜太さん・小沢昭一さんと鼎談をしたときだった。「梅咲いて庭中に青鮫が来ている」が好きだと言ったら喜んでくれたのを思い出す。
英会話2回目。まだまだほとんどしゃべれないが、テキストがあるだけマシ。先生は頭の回転が早く、思いやりもあって、ありがたい。終わってからそばを食べてドトールでほうじ茶ラテを飲んで一旦帰宅。
読売文学賞の贈賞式へ。山口昭男さん『木簡』(青磁社)が詩歌俳句分野で受賞し、私は山口さんとは一度もお会いしたことがなかったのに呼んでいただいて、嬉しくてお邪魔した。山口さんは以前神戸市西区にお住まいだったので、私も昔西区に住んでいましたと手紙のやりとりをして以来、勝手に親しい気持ちになっていた。

塵取は土のしめりの浮寝鳥
西國へ水の傾く稲の花
菊枯れて鳩は爪先まで青し
葛咲くや雨はとぐろをまく匂ひ
鶏頭に犬の毛玉の乗つてをり
三人で運ぶ絨毯百千鳥
麦秋や土よりはがす鳥の影
菜殼火に味なき月の上がりけり

など、『木簡』にはいい句がたくさんある。とくに取り合わせがいい。挨拶で「五七五のかたまりが突然現れる」とおっしゃっていた。これからしたいこととして、「波多野爽波、田中裕明の俳句を若い方々に広めていきたい」「本質的な新しさ、新しい俳句にむけてもっともっと貪欲に自分の俳句を追い詰めていきたい」とも。「青」のことなども聞けてよかった。
あと、岸本尚毅さんが「私も取り合わせ解禁しようかな……」とおっしゃっていたのは聞き捨てならぬ、でした。

2018年2月9日金曜日

2018.2.9 大厄を抜け後厄に入った

2/2
揮毫の依頼がきているので世界堂に色紙を買いに行く。泡の洗顔フォームで安くないやつも探して買う。山羊乳とアボカド成分が入っているらしい。ミロードで服を見るがセールはすでに終わっていた。夜は夕飯をつくる気がなくなったため、先日行った魚の店に夫と行く。

2/3
土曜日。れなりんのウエディングドレスの試着について行く。ドレスに興味のない私が、まさかまたこの試着現場を訪れることになるとは思わなかった。ウエディングドレスはこの日はじめて着たもの、カラードレスは前回着たものに決まった。似合っていた。私は披露宴をせずカラードレスは着なかったので(パーティーのときに着たのはそのへんで売ってたやつ)、はじめてちゃんと見たけれどカラードレスは驚くほど着たいと思わず、つくづく着なくて正解だったと思った。それよりはタキシードが着たい。
阿佐ヶ谷の焼鳥屋で鞆彦さん、凱くんと4人で飲んで帰る。

2/4
日曜日。立春。ようやく夫婦揃って人生に一度の「大厄」を抜け、夫婦揃って「後厄」に入った。まだまだ油断はできないが、ちょっとほっとした。お互いたいへんな一年だった。
やる気が出ないと言っていたら夫が奈須正裕『やる気はどこから来るのか』(心理学ジュニアライブラリ03・北大路書房)という本を出してきたので読む。なんでそんな本を持っているのか不思議だ。私がラジオ体操をやると言い出したときも、夫はラジオ体操の本を出してきた。
私は本を読むのが苦手だが、岩波ジュニア新書とか、このジュニアライブラリとか、そういう本なら読める。本を書く人はみんなジュニアに説明するように書いてくれればいいのに、なんで難しく書くのだろう。読んでみてもやる気は出なかったが、小中高時代の自分がなぜあんなにやる気に満ちていたかはよくわかった。やればできる、できればほめられる、ほめられるからやる、の繰り返しだったわけだ。
JTBに行き、オーストラリア行きを申し込む。結婚する前、私製の結婚誓約書をつくったのだが、そこに「かものはしを見にオーストラリアに行く」と書いておいたので、それがいよいよ叶うことになる。タスマニア島のカモノハシハウスに行きたかったが、高かったので断念。夫の好物であるハンバーグを食べて帰宅。しかし夫は前日もハンバーグを食べたらしい。

2/5
JTBに頭金を持って行ってから国会図書館へ。東京新聞の「俳句展望台」(俳句月評だったのが名前が変わった)のための調べ物。そのあと整骨院へ。今までの整体がスピ度がアップして嫌になったので、思い切って近所のところに行ってみた。ぼきぼきぼきっとやってもらった。
なぜ自分に自信がないのかを考えると、やはり今までの俳句をしっかり読んでないことが大きいので、俳句を読もうと思った。あとは姿勢をよくして、英語をやる。と夫に言ったら、さっそく夫が俳句年表をつくりはじめた。朝日文庫のシリーズの巻末年表をもとにつくるらしい。

2/6
昼過ぎまで仕事をしてまた整骨院へ。ドトールに寄って帰宅。ごぼうが余っていたのでポタージュをつくったが、ごぼうがやわらかくなるのを待たずにミキサーにかけたため、じょりじょりのスープができてしまった。夫は「食物繊維は大事だから」と言った。スープなのに噛んで食べた。

2/7
昼まで仕事をして、phaさんとお茶。めんたいこスパゲティとコーヒー、そのあとミックスジュースを飲んだ。書いた文章を見てもらい、小説とかフィクションとか、日常とか官能とかのことをだらだら話した。フィクションを書くのは書く力量がいるが、あったことを書くのなら取捨選択だけでいけるから、わたしのような無能な人間が書くならノンフィクションだと思うけれども、切り売りに見えるとみじめだから難しい。お互い肩が痛かったり腰が痛かったりで、老化だと言い合った。最近私はラジオ体操に加えてストレッチもしているけれどもよくならないので、あたたかくなったら走ろうと思う。ジムに行くことも考えたが、最寄駅のジムが狭そうなのであまり気が進まない。

2/8
ユリちゃんの誕生日。プレゼントはチョコがいいと言っていたので、昼まで仕事をして、京橋のチョコの専門店に夫とユリちゃんの分を買いに行く。整骨院の時間までと喫茶店に入り、英会話をはじめようと思い立つ。母親が教えてくれた英会話サイトは(母親は英会話のレッスンを受けているのだ)、紹介料を払うと登録されている講師のアドレスをゲットできる仕組みで、さっそく登録してメールを送った。整体中に返事がきていて、2/14にトライアルレッスンを受けることに決まる。英語でメールを送るのだが、まったく英語ができないので電子辞書をひきまくって奇妙な文章をつくった。
夫は帰宅してご飯を食べると、毎日俳句年表をつくっている。私は漫画を読んだりツイッターを見たりしているので恐縮だが、だからといって私も勉強しようという気にはならない。やる気が出ないから最低限のことしかしないがしょうがない。洗濯をして夕飯をつくっているから生きていても許されるだろう。

2/9
最近は24時半くらいに寝て7時45分に起きているのだが、やはりそれでは睡眠不足らしく(私はそれまでの平均睡眠時間が8時間半くらいだったので)、いったんは起きたが11時くらいまで寝た。そのあと打ち合わせに行く。打ち合わせ時間を30分勘違いして遅刻する。どうやら今年も本をつくることになりそうだ。かっこいい本にしたい。帰りに渋谷MODIのなかの本屋に寄ったら『君に目があり見開かれ』が2冊もあった。
帰宅して夕飯をつくる。明日の夜は『アウトロー俳句』のパーティーなので、夫の明日の夜用のカレーの下準備もした(あとはルーを入れるだけ)。

2018年2月1日木曜日

2018.2.1 秘密の質問

1/24
apple music をふたつのアカウントで契約していたことがわかり、ひとつを解約することにした。いったいどれだけの期間二重に980円払っていたかと思うとぞっとする。サポートの人が丁寧でありがたかったが、そのときにパスワードがわからなくて、
秘密の質問
1両親の出会った場所
2十代の友達の名前
3小さいころのあだ名
を言う羽目になった。ちょうど電話をスピーカーフォンにしていたので、全部夫に聞かれた。解約はできた。

1/25
整体に行ったら施術される部屋のスピ度が上がって各所にパワーストーン的なものが置かれており、瞑想を促された。頭の上に光の玉があり息を吸うとそこから光が入ってくると想像して、その息を目の前に想像した花に吹きかけることで、花が元気になるのを想像せねばならず、花は好きな花でいいといわれて竜胆にしてみたが、どうも自分の息がくさそうな気がして花は元気にならない。この整体に行くのをやめることにした。前から気になっていた担々麺を食べたら山椒がすごくて口がしびれた。

1/26
戸籍をとろうと区役所に行ったが、本籍が柏市にあるので無理だった(2度目)。やはり本籍を移すことにしようと夫と合意。銀行で長いこといろいろ説明を聞いて疲れてしまい、昼からひとりでワインを2杯飲んだ。

1/27
午前中少し買い物。午後は精神的に調子を崩す。

1/28
学芸大学monogramに行き店長の尚代と会う(行きの電車で『午前3時の危険地帯』を読み、ランチ中も読み続け、グリーンカレーを食べながら泣く)。紀伊國屋書店で本多真弓歌集『猫は踏まずに』と漫画(夫におつかいを頼まれた)を買って帰る。夜は上京している母と、夫と私、そしてあっちゃんを誘って、ご飯。あっちゃんのフランスにいたころの話などを聞いて面白かった。

1/29
午前中に母が家に来て、昼食は中野で友達と食べると言うので、私も中野まで行って、カオマンガイを食べ、ルノアールで少し仕事をして、歩いて帰った。
夜はてるてると鮨→なっちゃんの店。

1/30
体調不良だったが15時すぎにようやく起き出して散歩。川沿いはまだ雪が残っているところがある。少し俳句をつくる。

1/31
歩いて笹塚まで行ったものの行きたかったカフェはあいておらずふつうに椿屋カフェでランチを食べ少し仕事をした。笹塚は一時期住んでいたこともあり好きな場所。
夜は出窓から月蝕を見た。

2/1
あっという間に1月が終わっていた。今日は小部屋句会。
最近は河内遙さんの漫画を収集して読んでいる。あと、けっこう毎日ご飯をつくっている。手抜きにしろ毎日ご飯をつくるのはすごいことだ。


2018年1月23日火曜日

2018.1.23 マグレガモとウリ坊などを食べた

1/12
精神的に調子が悪く昼から泣いていたがひとりカラオケに行くことにする。DAMの精密採点でポルノグラフィティの「アポロ」とスピッツの「ホタル」が約93点というところで若干の自己肯定感を得る。村井さんと少し飲んでから猫目へ。阿部公彦先生と夫が仕事でつながっていたことがわかったため、4人で飲む会だったのだ。しかし「どうやったら英語ができるようになりますか」などというどうでもいい質問しかできなかった。

1/13
土曜日。夫とクリーニングを出しに行く。いつも行かない道に魚がウリの飲み屋があり、そこの昼定食を食べる。まわりみちをして公園のなかを歩き、寺の前が賑わっていたので少し見て帰った。寺ではスピーカーで境内にお経が流れており、夫はそれを少し聞いただけで「日蓮宗だね」と言った。そういうところがよい。夜はキムチ鍋。

1/14
日曜日。夫と散歩。両国から浅草、合羽橋道具屋街を通って、そのまま北上し吉原神社まで。疲れた。そのあと鶯谷のスペイン料理サルデスカで妹夫婦と4人で新年会。ウニに白子、マグレガモとウリ坊などを食べた。松山で以前飲んだうまいワインを妹が覚えており、それを頼んで飲んでいて、記憶力の差を思った。

1/15
左右社で打ち合わせ。その前にユリちゃんとランチ。ユリちゃんは補正下着と宝塚について熱く語った。熱く語っているのを見るのは楽しい。私は「ピッコマ」という漫画を無料で読めるアプリを導入した話をした。金柑で煮たチキンカレーを食べた。夜は火を通していないキムチを食べて胃痛になった。にんにくか。

1/16
出張走鳥堂@枡野書店の第一回。わりと外を人が通るので緊張した。杏香、照子がさきに来て、今年の目標を決めたり、照子が芝不器男賞に出す作品を見たりした。そのふたりと私、箏曲・てるてる・清さんの6人で句会。時間があったので席題も2句で計9句出し。二次会は4人で焼鳥と日本酒。いい店を見つけておいてよかった。

1/17
「ピッコマ」で10くらいの漫画を毎日1話ずつ読んでいたが、とうとう河内遙『関根くんの恋』だけ1話ずつに耐えられなくなり、全5巻をkindleで購入、泣く。ガス点検とコープが来た。夜は鯵句会。二次会のあと胃痛。カキフライのタルタルソースの生たまねぎが原因ではないか。

1/18
吉祥寺で打ち合わせ。小学校で塾が一緒だった明子ちゃん(明子ちゃんは非常にかしこいにもかかわらず附属中入試のくじびきで落ちた。高校は同じで現在は弁護士)にお義姉さんを紹介された。お義姉さんは彩華さんといってフランス人の観光ガイドなどをしており、俳句ツアーができないか、ということだった。夜は東銀座で麒麟さん、厚子さんと鴨を食べた。麒麟さんも歴史好きらしいので夫と話があいそうだ。

1/19
山岸冬草が家に来て、芝不器男の100句を並べ替え。夫が果物が好きだといったらいいジュースと杏仁豆腐ゼリーを買ってきてくれた。研究の方は好調らしい。納豆のふるまいとガラスがどうやらと言っていた。

1/20
土曜日。堀下翔、柳元佑太、吉川創揮と秋葉原の牛角へ。お願いしたいことがあったというのもあるが、単純に話ができて嬉しかった。焼肉は私が全員分全部焼いた。キムチは食べないように気をつけた。2時間食べたあと私は帰宅したが、男子たちはメイドカフェに行ったようだ。行き帰りと帰宅後、河内遙『夏雪ランデブー』を全巻読んだ。

1/21
日曜日。俳句結社「鷹」新人会の吟行会。江戸川橋から椿山荘、芭蕉庵などを通って細川庭園内の松聲閣で句会だった。「鷹」外部からの参加は私と福田若之、大塚凱の3人で、軽舟主宰も含めて20人の大所帯。しかもこれで全部ではないわけだから、若い人がかなり多い結社といえるだろう。吟行は若くんとずっと一緒だった。句会は凱の一人勝ち。句会後二次会会場までの徒歩10分くらい、軽舟さんを独り占めさせてもらって嬉しかった。二次会では柏倉さん、又三郎さんや風人さんと喋った。

1/22
夫が入院。とはいえもともと決まっていたことで、たいした話ではない。私は病院の食堂でタンメンを食べ、売店で買ったチョコとビスコを食べ、kindleで河内遙の短編の漫画を買って3冊読んだ。雪がだんだんつよくなって、院内ですれ違う人皆雪の話をしていた。面会室の窓から外を見たおじさんが「本格的だな」と言ったので、心の中で「ほんかくてきよ、ほんかくてき」とつぶやかざるをえなかった。私は17時をすぎて病院を出たので、帰りはかなり混んでいたが、うまいルートで入場制限などに遭わず帰宅。夫がいないので一人でマンション前を少しだけ雪かきした。風呂でユリちゃんおすすめの南Q太『トラや』を読んだ。

1/23
晴れて気温が上がり、雪はどんどん溶ける。夫が退院して帰宅。ふたりで雪見だいふくを食べる。平日こんなに一緒にいることはあまりないので新鮮だが、とはいえ普段通り過ごす。このあと私はNHKカルチャー。


2018年1月13日土曜日

2/17「上田信治句集『リボン』をほどく」のおしらせ

元ハイクマシーンの相方・上田信治さんの第一句集『リボン』をおもしろく読む会をやります。上田信治さんの魅力、『リボン』の魅力を、ほじくり出し浸る会にしたいと思います。どなたさまもお誘い合わせの上、ぜひいらしてください。
上田信治句集『リボン』をほどく 日時;2018年2月17日(土) 18:30~20:30(18:00開場) 場所;渋谷 勤労福祉会館→こちら 参加費;500円(当日・受付でお支払いください) 発表(18:30~19:30) 生駒大祐・渡戸舫・佐藤智子 パネル・質疑応答(19:30~20:30) 生駒大祐・渡戸舫・佐藤智子・上田信治 (司会;佐藤文香) 主催;仮名句会(上田信治)・小部屋句会(佐藤文香) 企画運営;走鳥堂

参加希望の方は info.guca@gmail.com 宛に ・全員のお名前 ・代表者の電話番号 ・二次会(一般6000円・学生4000円程度を予定)参加・不参加 を記入の上、ご予約ください。(2/11(日)〆切) *関西の方はぜひこちらへ→上田信治×北大路翼「祈る俳句」(3/20) (佐藤も馳せ参じます!) *発表者プロフィール* 生駒大祐(第三回攝津幸彦記念賞受賞。『天の川銀河発電所』収録作家。) 渡戸舫(無所属。仮名句会・小部屋句会などに参加。) 佐藤智子(『天の川銀河発電所』収録作家。仮名句会・小部屋句会に参加。)

2018年1月11日木曜日

2018.1.11 冬眠と散歩の日々

1/5
寒かったので冬眠していた。夕方買い物に行き、夜はおでんをつくった。なかなかうまくいった。おでんにジャガイモと人参と鶏モモ肉を入れるのは佐藤家だけなのではないかと気づく。夫はイモ好きなので喜んでいた。

1/6
土曜日。夫と渋谷から幡ヶ谷まで歩いた。→こんなかんじ
代々木上原、幡ヶ谷あたりは、笹塚に住んでいたときによく歩いていたので懐かしく楽しい。

1/7
日曜日。夫と善福寺川沿いを散歩して荻窪まで。途中のパン屋でベーグルを、荻窪ルミネで鏡を買って帰る。ルミネで七草を買おうとしたら高くて、近所のいなげやに行ったら、まったく同じものが100円安く売られていた。
ストレッチを始める。

1/8
月・祝。八種粥をつくった。寒い日。夜は荻窪の焼き鳥屋でguca新年会。私とユリちゃん、編集を手伝ってくれたのどちゃんと惣一郎、デザインのまり・まりこコンビ、巻頭詩の鈴木一平さんとインタビューを受けてくれた壮悟。かなり酔っ払ってしまった。

1/9
午前4時ごろ悪夢で目覚め、二日酔いによる頭痛に絶望する。そのまま調子が異常にわるく(これは気圧のせいもある)、ぼたんの会を休んで寝ていた。夜は月評を書いた。

1/10
美容室へ行き、髪をピンク系の茶色2色にしてもらう(といっても、そんなにわからない)。「趣味が恋愛だったので今趣味がなくなって困っている」という話をした。とろろ蕎麦を食べ、善福寺川沿いを散歩、句作。夜は初めてターツァイを炒めた。

1/11
午前は冬眠。今から小部屋句会。

2018年1月4日木曜日

2018.1.4 まずは爪を切ろう

12/30
昼の飛行機で鹿児島へ。長崎鼻という、鹿児島の左側の南端あたりにあるところへ行った。灯台のところに篠原鳳作の句碑があるというので、駐車場のおじさんに「句碑が見たいんですが」と言ったら「薩摩狂句?」と言われた。看板にも句碑のことは書かれていなかったが、〈満天の星に旅ゆくマストあり〉〈しんしんと肺碧きまで海の旅〉〈幾日はも青うなばらの円心に〉の三句が書かれた立派なものがあった。海辺の岩場をジャンプして遊び、でかいとんびを見た。そのあと宿のある指宿に行き、砂蒸し風呂に入った。砂の重さが面白すぎて大爆笑した。10分程度と言われたので、そこでやめてしまったが、もう少し入っていてもよかった。旅館は立派で、飯も豪華だった。

12/31
低気圧でやられながら指宿を出て、知覧の特攻平和会館に行った。特攻隊の若者たちの絶筆や形見などが展示されており、感情移入するとすぐ泣いてしまうので、気持ちのスイッチを切ってのぞんだ。辞世の一句などとは言うものの、短歌(和歌)を書く人が多いようで、俳句は発見できなかった。青年たちはみないい顔だった。
夜は夫の実家ですき焼き。ガキ使を見ながらいい肉を食べた。生卵はひとり2つ。そのあと苺(あまおう)。23時を過ぎて蕎麦。腹一杯。

1/1
遅めに起きて雑煮と土瓶蒸しとおせち。雑煮は里芋・豆もやし・白菜・焼き海老・角焼き餅ですまし汁。夫の父が前日から出汁をとって待っていてくれたものだ。おせちはホテルで買ったものとのこと、夫が食べない伊勢海老・蟹・鮑・栄螺などが全部まわってきて食べた。デコポンとあんぽ柿も食べた。海辺で桜島を見て、市内を少し歩いてから飛行機で帰京。中野の居酒屋でちょっと食べて帰宅。

1/2
大宮八幡宮へお参り。思ったよりでかくて、店がたくさん並んでおり驚いた。西永福まで散歩して帰宅。昼はセブンイレブンのドリア(夫はパスタ)。日本酒が飲みたいと言って真澄を買って飲む。夕方はかるくコーヒーを飲みに。夜はキムチ鍋。週に3回くらい鍋にして鍋ダイエットを試みるという案が浮上。

1/3
夫が招待券をもらっていたので、西洋美術館へ「北斎とジャポニスム」展を見にいく。けっこう込んでいたので長くはいられなかったが、北斎という人はこまかいものをきちんと描けるうえかんたんに把握するのもうまく、富嶽三十六景のイメージしかなかったので反省した。北斎の絵と、それに影響を受けた(かもしれない)洋画が隣り合わせで並んでいるのだが、いいなと思うとモネ、ということがよくあった。知らない画家のトナカイと山の絵がよかった。中野で少し買い物をしてワインバーでちょこちょこ食べて飲んで帰った。夫がブログを始めた。→「走鳥堂雑記

1/4
夫は今日が仕事始め。私は休み。今年は週休3日にしようと思い(というか今はそんなに仕事はないので週休4日半くらいのかんじだ)、土日以外に木曜日を休みと定めたためである。新年早々だが、年末に夫が整理した本を5箱分売るのでとりに来てもらうのを待っている。そのあとコーヒー豆などを買いに出るつもりだ。毎日一時間読書という時間割表をつくったが、はやくも読書をするのがいやだという気持ちがつよくなっている。読みたい本というものを手に入れなければならない。そして生活スタイルにあったジムを探さなければならない。まずは爪を切ろう。