2018年4月23日月曜日

2018.4.23 若竹煮についてくるわかめはうまい

4/7 土
越智友亮の結婚式。俳句からは澄子さんと私だけ参加のはずが、澄子さんが事情で欠席となり、一人で行く。とてもやさしい人たちの席で助かった。めっちゃテンションが高い人たちがいたが、大学時代のバイト仲間らしい。越智はもちろん、越智父もはじけていた。余興のVTRが圧巻で、越智がバンジージャンプに挑む一部始終をテレビ番組風に撮ったもの。席次の「新郎姉弟子」というのにはウケた。姉なのか弟なのか子なのか。

  うららかや星生むように飴を練る  越智友亮 『鏡』27号 2018.4

4/8 日
夫と散歩してから吉祥寺へ。夫がリュックサックを買ってくれた。コンセントの変換器を購入。メルボルン初日の予定、「トラムカーレストラン」をキャンセルして「まるごとヤラバレー」というツアーに参加できることになった。

4/9
オモコロ記事を読み続けて午前中が終わる。「日本住血吸虫症」のwikiがすごいと教わって読む。→こちら ドトールに行って句集を読んで帰る。13分ランニングして焼鳥を買って帰る。

山椒魚昼寝の国を守りゐる  関根千方『白桃』(ふらんす堂)
大枯葉悪の仮面となりにけり
横綱にはりついてゐる浴衣かな

4/10
ぼたんの会。野菜をたくさんいただき、リュックに詰めた状態で瀬戸さんとお茶。目白駅前、久しぶりすぎてエモくなる。「現代短歌」かっこいい。

4/11
高円寺でphaさんとお茶。最近よく会っているから相手の名前を伏せた方がいいかなと思いつつ、お互いひまでやる気が出ないだけなのでべつによいかなと思う。夜はおじさまに焼鳥に連れて行ってもらう(おじさまの方は名前を伏せる必要があるので伏せる。なお、夫もよく知っている人なので大丈夫)。

4/12
英会話のあと西荻FALLで杏香ちゃんと会い(港の人のブックフェアを見に行った。『君に目があり見開かれ』も置いてもらっていた)、そのあとご飯。ルッコラや羊などを食べた。ワインも美味しく、かなりいいお店だった。

4/13
整体。初めてカレイを買って帰り、煮付けをつくった。

4/14 土
芝不器男俳句新人賞公開審査。私はフェローというお手伝い係で、とはいえ会場ではなにもやることはなかった。東京新聞に記事を書くためしっかり聞いた(21日土曜夕刊に載ってるはず)。ここ数年一緒にやってきた生駒大祐が新人賞、堀下翔が対馬康子奨励賞、田中惣一郎が特別賞に選ばれたので嬉しかった。二次会へ皆を先導し、二次会でかんたんな司会をした。

4/15 日
「俳句王国がゆく」に句会で一緒の髙久麻里さんが出演しているのを夫と見る。東京新聞「俳句展望台」を書いた。

4/16
豆苗を収穫。皮膚科に行く。午後はおすみ師匠宅へ。一緒に散歩した。

4/17
走鳥堂句会@枡野書店。最近夢で俳句をつくりがちなので、そのなかの「草の根と個人運動日向犬」というのを出したが無点だった。そりゃそうだ。二次会で、自分の思う俳句とは、について話した。

4/18
昼は打ち合わせで虎ノ門へ。カフェインホリックに寄って帰ろうと思ったら移転していた。一旦帰宅して英会話へ。そのあと瀬戸さんと今子さん、そして金原瑞人さんのご飯に途中から混ぜてもらう。金原さんに『自生地』をプレゼントした。

4/19
新宿でワンピースとカーディガンを買う。散財。大久保で若くん、りゅーたん、やなぎーとトルコ料理。当初集まった意味とはまったく違う話をしまくって反省する。「セクハラをする人はしゃべるな」というのは「事故る人は運転をするな」ということだ、みたいなツイートを見かけてさらに反省する。

4/20
昼過ぎに打ち合わせ。ユリちゃんに借りた漫画をカフェで読んでから整体。そのあと水中書店へ行き惣一郎と落ち合う。桑原三郎『晝夜』を買い、三鷹で飲んで帰る。若竹煮についてくるわかめはうまい。

4/21 土
タオルケットを洗濯し、布団を干す。午前は旅行の準備。午後は少し仕事。髪を切りに行く夫と一緒に家を出て散歩と買い物をして帰宅。外食ばかりで体重が増えたので反省する。たくさん食べていいことにしたらすぐに体重が増えたので、やはりたくさん食べるのはやめることにする。というか、全然酒を減らしていなかった。吹き出物がたくさんできた。
でも、ここのところ平日、夫はほとんど電車で帰って来れていなかったので、淋しくないように生存をがんばっていたのである。

4/22 日
シーツを洗濯。夫と吉祥寺へ行き、ランチを食べて買い物。夫の靴やパスポートケースなどを買う。暑くてバテた。酢キャベツをつくって食べた。

4/23
午前は俳句を書く。お金をドルに替えに行かなければ。

2018年4月6日金曜日

2018.4.6 この5年、そして2018年度

3/29
ひとりで花見をしてから悟空の会。遠山陽子さん、中村裕さんと一緒にやっていた句会。裕さんが亡くなって、陽子さんとこれからどうするか話し合い、福田若之さんと鴇田智哉さんをお誘いして、4人でやろうということになった。記名で20句出し、1人ずつの作品について話すシステムなので、その人らしさについてよく考えることができる。終わって焼き鳥。偉そうなことを言って反省する。

3/30
仕事の昼休みに抜けてきた夫と日比谷公園でパンとサラダの花見ランチ。ほかにも花見の人たちがたくさん、スーツで敷物に座っていた。そのまま散歩して国会図書館まで。図書館で少し調べ物をして、どうしようかと思っていたらちょうどphaさんからメッセをもらったのでお茶して少し歩いた。しゃべると原稿が書きやすくなる。いったん帰宅して、ワイン屋さんなつこ屋さんの5周年にてるてると行く。なっちゃんとはこの前の店からの付き合いなので、「この5年、いろいろあったねぇ〜」と盛り上がった。私はこの5年で著書2冊+編著2冊+共編著などが出て(『君に目があり見開かれ』『新しい音楽をおしえて』、『俳句を遊べ!』『天の川銀河発電所』、『15歳の短歌・俳句・川柳』全3巻、アキヤマ香さんの『ぼくらの17-ON!』全4巻)、結婚もしたので、5年前とはえらい違いである。これもみな、なっちゃんを含むまわりのみなさんのおかげです。生きていてよかった。スパークリングとチーズ、ピノでフムスを頼んで、最後はシラーにしたんだったかな。

3/31(土)
遅い朝食ののち、夫の夕飯をつくる。夫と、代々木八幡のおしゃれなお店でサンドイッチとコーヒーを買って代々木公園で食べる。大塚凱くんらの「24時間耐久花見」をちらっと見て、若くん作の卵焼だけ食べさせてもらい、公園内を歩いて原宿方面へ。ものすごい人。原宿駅は諦めて、明治神宮前駅から新宿三丁目へ。紀伊國屋書店新宿本店で夫と解散。私は錦糸町へ。中高の同級生の男子3人と焼鳥&てっちりの店。「人の前に立ちたい←→立ちたくない」を縦軸に、「感情←→論理」を横軸にして4象限に区切り、自分がどこに位置するかをもとに話が進んだ。能力軸とやる気軸をどう足すかというのも考えどころだった(私は左下の上の方(べつに人前に立たなくてよい×感情)のサポーター型だが、集団のなかで相対的にやる気がある場合が多く、必要であれば人前に立つ)。あとは大衆と市場(主に結婚などの話)。私以外の3人は結婚をしておらず、男女の分担等について「なにが普通か」考える(我々はほぼ同意見だったが、それは少数派なのだろうという話)。鍋奉行は後藤くんがやってくれるし、酒もほぼ同じ量飲んで割り勘(二次会は私があまり飲まなかったのでおごってもらったが)。

4/1(日)
オーストラリア行きのビザを取得後、夫と近所で花見。ソフトクリームを食べながら歩いた。この川にはサギが多い。もちろん詐欺ではなく鷺の方だが。少し仕事もする。

4/2
病院に行ってランチを食べ一旦帰宅、JTBに海外旅行保険の書類を提出。そのあと師匠宅にお邪魔しておしゃべりして帰る。夕方少しだけ走り、夜は飲まずに仕事をした。家で酒を飲むとき、酒を飲みたい気持ち以外に、たくさん食べないようにしたいという気持ちがあり、さきに酒を飲むことで満足感を得てあまり食べないようにしていたが、ここのところ体調が悪い日以外は毎日飲んでいたので、それで慢性的に疲れているのかもしれないと思い、酒を飲むかわりに、食べ物(できればタンパク質か野菜)をたくさん食べてもいいことにしようと決める。

4/3
有楽町に出て化粧品を買ったら自分の格好が気持ち悪くて耐えられなくなり上着を買ってその場で着る。買い物をしたあと仕事の打ち合わせ。そのまま銀座一丁目へ。両親の結婚35周年祝いで、妹と私の夫も来て5人で夕食(妹の夫は忙しくて来れなかった)。記念写真を撮ったら、やはり妹と父が似ているようだ。佐藤家の愛媛の実家はあと5年で東京に移転する可能性が高い。

4/4
前日打ち合わせした企画の主旨を考えてメールする。美容室へ。より短く、より明るい色にしてもらった。年甲斐もなく前髪が眉毛に届かない。

4/5
ネット記事を読み、ネットラジオを聴いて、一日を過ごした。小部屋句会。お題は「高いところから見下ろした句(舫さん出題)」。なかなか難しくてよい題だった。5句出し5句選なのだが、高久さんの句を3句もとってしまった。飲み会で山菜の天ぷらを食べたが、何が何かわからず。

4/6
企画を考えて提案のメールをしてみる。
この1年(というか、前からずっとだが)お金をつかいすぎていることを目の当たりにして、死を考える。しかし先週「生きていてよかった」と思ったところだし( 3/30参照)、借金はしていないので(夫には少し借りていたが定期預金の満期がきたので返済できる)、まだ取り返しはつくから小さなところから改善していこう。
だからといって家計簿は続かないだろうし、夕飯をつくりたくないときもあるだろうから、急にがんばろうとしてまた死にたくならないようにする。当面の目標は、

・用事のないときは家で昼ご飯を食べる
・カフェに行くのは友達と会うか仕事をする場合のみにする(やる気が出ないときは散歩をする)
・ひとりで飲みに行かない
・へんな格好で外出して絶望して服を買ったその場で着るのをやめる

である。
これまで生きるので精一杯だったので分不相応なお金のつかいすぎはやむを得なかったと考え、これからはもう少し人間らしくやっていく努力をしたい。

2018年3月29日木曜日

2018.3.29 光のせいだ

3/16
ユニクロで買い物。ズボンの裾上げをしてもらっているあいだにヨナヨナビアワークスに入ってしまい、飲む。パクチー餃子を食べた。

3/17(土)
まのあたり句会。池田澄子さん、藤井あかりさん、神野紗希さんと。
私が選んだのは、「桜さくら首をまわすと君が居て(澄子)」「夕桜青くて二十一世紀(紗希)」「合はす手の離れなくなる桜かな(あかり)」など。受講生の作品のなかで特選にしたのが

  鳥雲に入る諦めるしかないネ  直敬

これは名古屋から来てくれた名古屋高校の北口くんの作品。
夫も来て投句しており、「教科書は残さず焼いた雉走る」という妙な句で私以外の選者3人から選んでもらって喜んでいた。疲れたので夫と地中海料理屋で飯を食べて帰る。

3/18(日)
午前中新宿へ行き買い物。帰りに最近できた絵本屋に寄る。午後も買い物など。夜、ごぼうのポタージュを作ろうとしてフードプロセッサーに牛乳も一緒に入れたところすごい勢いでまわりに飛び散って大惨事となった。ごぼうミルクまみれ。

3/19
新幹線で新大阪へ。そこから乗り換えて武庫川の近くに住むあやのちゃんのおうちへ。あやのちゃんは小学校の同級生で、子供が2人。上の子とアンパンマンや粘土で遊びながら、家をどうするだの子供をどうするだの大人の話をする。
三ノ宮へ。ホテルに荷物を置き、みっちゃんと合流。みっちゃんも小学校の同級生で、こちらは独身。元町あたりを散歩してから、ワインビストロへ。スパークリングワインが発泡の日本酒みたいでとても美味かった。料理も、ビーツのニョッキとか、鶏にレバーソースとか、最高。三ノ宮に泊まるときはまた行きたい。
店を出て、よしきくん合流。とても雨。微妙な居酒屋へ。よしきくんは私のいとこで同学年、みっちゃんが以前つとめていたレストランに一緒に行ったこともあるので誘ってみたら来てくれた。婚活話など。ふたりにホテルまで送ってもらった。

3/20
三ノ宮でいかなごの釘煮(そういや故郷の味とはいかなごだ)を買って、この日泊まる新大阪のホテルに荷物を置きに。いつも新幹線なので新大阪にホテルをとってしまったが、梅田でよかったと反省。しかも出口を間違えて、新大阪駅を半周することになった。時間はあったのでよかったが。
「翻車魚」デザイナーのコイデさんと初めてお会いする。大阪のおしゃれゾーンで、そばみたいなうどんを食べた。コイデさんがお仕事をしているstructというお店(その日は休業日)にも連れて行ってもらった。全然話し足りないかんじだったので、はやく飲みに行きたいけど、遠いな。仕事は離れててもやりとりできるけど、飲むのは会わないと難しい。
みきちゃんと梅田で会う。みきちゃんは私のいとこで2つ上。4人目がほしいけど考え中、と言っていた。パンケーキを食べながらだらだら話したあと、みきちゃんは傘を、私は新しいピアスを買う。
夜は北大路翼×上田信治「祈る俳句」。私は受付だけ手伝うはずが、上田さんが音響の具合で耳が聞こえにくいということで、急遽対談中上田さんの横で聞き取れなかった話を言い直す役になった。わちゃわちゃのイベントで疲れたので、惣一郎とあわのくんとかるく二次会。

3/21(祝)
昼の飛行機で松山へ。両親が空港に迎えに来てくれてランチ、そのままNHKへ。ラジオ「つぶや句575」の最終回。投句も多く、今までのレジェンドつぶやキストも登場し、にぎやかな終わりとなった。実家泊。

3/22
帰京。いったん帰宅して英会話。疲れていて全然聞き取れず困った。先生とルミネの地下で一緒に買い物して帰る。先生は唐揚げ(しょうゆ味)が好きらしい。

3/23
休養。整体後、写真を撮りながら歩き、飲んで帰る。夫は送別会。

3/24(土)
午後、夫と家を出て川沿いを歩き、ホームセンターへ。歩きながら夫に写真を撮ってもらったが、どれも顔が老けていたので却下。これから撮られる写真はすべて却下になるのだろうか……。夫がほしがっていたキャスター付き本棚と、箱のティッシュを大量に買ってタクシーで帰宅。夜は生協の水餃子。自分が撮った写真を久しぶりにtumblrにまとめていて、前たくさん撮っていたのは去年の春だとわかる。春は写真が撮りたくなるのだな。光のせいだ。

3/25(日)
パスポートができたので夫と取りに行き、都庁から東中野まで神田川沿いを歩いて花見。
友人が精神的に調子を崩し前日夜から親御さんや関西の人たちといろいろ連絡をとっていたが、夜にはなんとか落ち着いた。

3/26
山田さん第二句集打ち合わせ。私がプロデュースする予定なのだが、私、すばらしい発案。うまくいくといい。そのあとれおなさん、あっちゃん、若くんと惣一郎も来てヨナヨナビアワークスで飲む。

3/27
NHKカルチャー。「俳句アタマのための席題句会」いったん終了。最後のお題は「桜・花関係の季語」と「「キー」という言葉が入った句」でした。懇親会を笑笑にて。弁護士、コピーライター、イラストレーターなど、いろんな人がいて面白い。私は教えるより教わる方が好きだ。

3/28
少しひとりで花見をしてから英会話。英会話後も少しひとりで花見。英会話は全然できない。先生が次回から単語テストをしてくれるようだ。夫は課の送別会。俳句を15句つくる。

2018年3月16日金曜日

2018.3.16 走鳥堂の夕飯を書いてみた

3/4
西念寺で福田若之×関悦史の『自生地』ごろ寝イベント。最前列で写真を撮り、かるく実況ツイート。若くんは思ったより鷹女の影響を受けていることがわかって面白かった。仏の前の関さんは仏の仲間にしか見えなかった。二次会まで行って苑をさんと久しぶりに話す。夕飯はつくって行かなかったので、夫にはセブンのハンバーグを食べてもらった。

3/5
区役所で新しい本籍をゲットし、警察署で免許の本籍を変更。と思ったら、必要なのは戸籍謄本ではなく本籍入りの住民票だったため、また区役所へ、そしてまた警察署へ。ひどい天気。新しくできたドトールで昼ごはんを食べ、パスポートセンターへ。平日なのに1時間ほど並び、自分(本名変更)と委任された夫(期限切れ)の分のパスポートを申請した。終わってからまた少しカフェに行き(最近よく行くところ。お兄さんがかっこいい)整体へ行き、買い物をして帰宅。夕方から調子がよくなる。パスポートセンターで、スマホで原稿を書き始めたのがよかったのかも。
・ブリ照り焼き
・おくら・しらす・赤大根のポン酢和え
・ささみとしめじの酒蒸し
(・豆腐・インスタント味噌汁)
※うちの夕飯は基本炭水化物抜きなので、夫はそのかわりに豆腐と納豆とキムチとインスタントのスープ類をローテーションで食べている。私は酒を飲んでいる。
みかん&いちごヨーグルト
翌日の煮物もつくってえらかった。

3/6
昼前に家を出て、南阿佐ケ谷のオトノハに行こうとしたら火曜は休み、微妙な手打ち蕎麦屋に入り微妙な気分になる。
枡野書店。ひょんさんの相談と柚紀の相談を受け、待ち時間は英語をやったりする。
夜の句会は天候不順などでキャンセルが出て、結局柚紀と照子と私のみ。てるてるが会社でなにかやらかしたらしく飲み会から参加。いつも行く焼き鳥屋が休みだったので焼きトン屋で日本酒。
夫の夕飯は
・鶏と人参と新玉葱の煮物
・赤大根オリーブオイル
・野菜天
・豆腐
・インスタントのスープ

3/7
東京新聞俳句展望台の締切。午前中に書き上げ、午後は夕飯をつくったりだらだらして、CRCK/LCKSのライブへ。やはり圧倒的。小田さんの帽子・メガネもかわいかった。私が作詞した「たとえ・ばさ」「O.K.」の二曲もやってもらえて嬉しかった。King Gnuの曲も昭和っぽいメロディラインが異常にかっこよくつくられており興味深かった。しかしやはり立ちっぱなしのライブは腰につらく、筋肉をつけないとライブも楽しめないと改めて実感した。
夫の夕飯は
・アスパラと豚のバター炒め
・トマトしらす和え
・野菜天とにんじん、しめじ煮
・水菜のマヨごま
・納豆

3/8
雨。表参道の吉田パスタでひとりランチ。カロリーを摂取しすぎる。そのあと、次の本の打ち合わせ。地道にやらねばと思う。帰りに台湾ティーの店でタピオカ入りのホットドリンクを飲んだ。
・ランプ 肉のステーキ
・つけあわせ小松菜、人参
・もらいもののおすいもの
(・キムチのせ豆腐 ・納豆)

3/9
笹塚の茶日に行くが、平日ランチをやめていて残念。エクセルシオールカフェで少し仕事をしたあと、谷川俊太郎展@オペラシティ。はじめのテレビが並んだ部屋だけでも行く価値あり。年譜も圧巻。ショップで買い物をすると、谷川さんの詩入りのレシートがもらえます。いったん帰宅して、谷川由里子さんと飲む。店の店主は谷さんなので、谷づいた一日だった。そのあとカラオケ。夫には職場で食べて帰ってもらった。

3/10
土曜日。昼すぎまで家で仕事や家事などをして、午後夫と銀座へ。化粧水を購入後、木村屋であんぱん、三越で生ハム、チーズ、サラダ、ワインなどを購入し、妹の家へ。妹がはりきってキッシュや肉を焼いてくれていた。妹の飯を食べるのは初めてだったが、ふつうにおいしかった。妹の夫は私の1歳年上でクリエイティブ系の仕事なので話が合うし、私はうちの夫と付き合うとき「この人、妹みたいだ……(歴史オタク)」と思ったこともあり、仲がよい。「素人に喜ばれ、玄人に驚かれるものをつくりたい」(穂村弘の名言)に妹の夫が非常に共感してくれた。自宅に4人で集まるとさすがに家族っぽいなと思った。

3/11
日曜日。午後は荻窪titleに行き(「guca」が売り切れたのでその手続きに)、英会話。先生が広島〜関西旅行をしていたためイレギュラーな日程に。大きい数の数え方などを教えてもらった。家の近所で夫と待ち合わせ、買い物をしてから帰宅。とても気分がよくなる。
・椎茸と牛肉の炒めもの
・さつまいも、おあげ、豆腐の味噌汁
・ブロッコリーとトマトのサラダ
・生協の冷凍のいわしの梅煮
・スーパーの惣菜のたけのこ
(・豆腐・キムチ)

3/12
確定申告。どうにかどうにかした。
疲れて夕方新宿に行き、翔と会ってビールを飲み、カラオケで1曲歌うごとに1句つくるという遊びを1時間やって帰宅。そのあと人が集まり、句会をしたようだ。
・鶏豆腐
・ブロッコリーツナチーズ
・さつまいもとみかんのママレード煮
(・おすいもの・ごはん)

3/13
ぼたんの会。護国寺も春らしくなってきていた。
表参道のカフェへ行き、今子青佳さんの書道の展示を見た。今子さんとお会いすることができた。パワフルな人。私もまた書道がしたくなった。
そのあと原宿まで歩き、新大久保で飲み会。生マッコリを飲みすぎた。
夫には職場でご飯を食べてもらう。

3/14
夕方までは原稿を書いたり近所で買い物をしたり飯をつくったりした。紀伊國屋で4月からのラジオ英語のテキストを購入。夜は鰺句会。人数が少なかったので席題もやった。幹事の松本さんが忙しいらしく、結局二次会にも来なかった。自分が進化したり、句会が進化したりして、居心地のよさは変化するので、自分に合う句会を探すように、という話をした。
夫の夕飯は
・野菜とウインナーのミルク煮
・残っていたさつまいも煮
・トマト
・キムチ・納豆・豆腐

3/15
お茶の雑誌「なごみ」のインタビューを受ける。場所は高円寺の古いカフェを指定。自分のヒーローについて語るというもので、ヒーローを誰にしたかは雑誌発売時のお楽しみということで。1時間程度で終わり、帰宅後昼寝。
夜なにもない日は、夫が21時ごろ帰宅してご飯を食べ(私はすでに食べている場合も多い)、23時くらいまで夫が仕事をしているので(ずっとリビングにいる。食卓とふたりの仕事机は一緒)、私も家事や仕事をしたりだらだらしたりしている。
・青梗菜、豆腐、豚の煮物
・人参、きゅうり、りんご、ベーコン、レーズンのサラダ
・卵焼
(・納豆)

この前わるくなっていた調子は持ち直したようで、ご心配おかけしました。

2018年3月3日土曜日

2018.3.3 記録しておくといいこともある

2/22
整骨院に行ったあとカフェでパスタを食べる。食べながら少し仕事をする。そのあと少し散歩をするが、あまり調子はよくない。

2/23
髪を切ったあとバーガーキングででかいハンバーガーを食べてしまい自己嫌悪に陥る。一旦帰宅してご飯をつくり、小学校時代の同級生のひーやんとえっちゃんとご飯。神戸の小学校は5年で転校してしまったので、修学旅行にも行けなかったし、卒業もできなかった。同級生で東京に出てきている人も結構いるらしく、同窓会をやったらどうなるのだろう、などと話した。バスク料理はうまかった。

2/24
土曜日。オリンピックのスノーボードを見る。夫と本屋に行き、漫画と歳時記などを買ってもらう。パンを買って帰る。夜は調子を崩す。午前中に書いた文章はダメだった。

2/25
日曜日。修正期日ギリギリに送られてきたゲラがほとんどしゃべったままだった上、ページ数がさきに決まってしまっており、自分の頭の悪さとその他もろもろに対して怒る。怒りすぎてスーパーに行っても買い物をする気にならず、だいぶ散歩をして帰った。

2/26
前日の怒りが続いて暗い気持ち。整骨院に行ったあと小田朋美さんと新宿でご飯。いい店だった。小田さんの所属するバンドCRCK/LCKS(クラックラックス)のために私が書いた歌詞に曲をつけてもらったのだが、ライブでやってもらえるようなので嬉しい。

2/27
区役所に行き転籍届を出し、スコーンを買って帰宅。スコーンを焦がして暗い気持ちになる。里芋を煮る。夜はNHKカルチャー。この形式(席題句会)でやっていくか迷うが、とりあえず継続することに。

2/28
英会話3回目。宿題も予習もして行ったし、簡単な部分だったので結構できてほっとした。先生は大学で日本語の試験の直後だったので、どうだった聞いたら、ほとんどできたけど「悪」って漢字が書けなかったと言っていた。たしかにちょっと覚えにくいかもしれない。
午後は瀬戸夏子さんとお茶。短歌、川柳、俳句の話など。なんでそんなに自信がないのかと言われる。恥ずかしいこともいろいろ話したけれど、「それでいいじゃないですか」と言われ、救われる。しかし、嬉しい気持ちが長続きしない。

3/1
調子は悪い。こないだまですっきり起きていたのに、ここ最近は夢見も悪いしうまく起きられない。夕方家を出て、タリーズで少し仕事。夜は小部屋句会。照子ちゃんが実家に帰るというので、二次会は送別会的なかんじに。色紙はなかったが、裏紙をつかってみんなで寄せ書きをした。

3/2
調子がよくないので、とにかく外出しようと、国立新美術館「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」を見た。展示自体はけっこうよかったのだが、集中力がうまく持たず、あまり覚えられなかった。印象派以前からピカソとかまで集めているのがいいと思った。私の好きなコローはあまりなかった。ドラクロワはあまり好きではない。ミュージアムショップで袋のような花器などを買い、それにあわせて花を買って帰る。花屋で挙動不審になる。
去年の日記を見たら、ちょうど3月に調子が悪くなっている。たぶん季節性の鬱だと思う。記録しておくといいこともある。自己判断で1錠薬を増やす。仕事はひとつ一段落。
つらくても料理はできる、というのが最近マシなところなので、夜に何を食べたか書くことにしよう。
・手羽先、蒟蒻、葱、牛蒡を煮たもの
・スナップエンドウ、赤大根、トマト、キュウリ、卵のサラダ
・ブラウンマッシュルームと牡蠣のバター炒め
(・納豆)
・いちごヨーグルト
※カッコ内は夫のみ食べたもの

3/3
本来ならば予定があったのだが、キャンセルし、いちにち空ける。天気がいいので散歩をすることに決める。
夫が散髪しているのを待って、西荻窪へ。古民家風のカフェでランチ。夫が頼んだ野菜寿司には、苺の寿司があって面白かったのでもらった。店を出たら人が並んでる店があり、見たら「おもちやさん」で、これはたまたま上田さんが前すすめてくれていた店だったので、並んで桜餅(道明寺)と苺大福を買う。歩いて、公園のようなところで桜餅を食べ、歩いて帰宅し、苺大福も食べた。疲れて昼寝をした。昨日と比べれば少しマシ。
・ラム、葱、赤大根炒め
・ウインナーと新玉葱、人参、牛蒡のスープ
・キュウリと人参スティック
(・豆腐 ・キムチ)
・いちごとみかんヨーグルト

つらいことばかりではないのに、気候のせいか、それにともなう体調(背中が痛くて起きられなかったり)のせいなのか、嬉しい気持ちが長続きせず、近い未来にしても遠い未来にしても、次のことを考えようと思うと必ず暗い気分になってしまう、という状態のようだ。
ただ、明日は楽しみにしているイベント(悦子の部屋)があるので行くつもり。もし私の言動がおかしくてもあたたかく接してください(鬱っぽいか躁っぽいかは、日によって違う)。なお、寝っころがる予定らしいので、スカートじゃない方がよさそうです(私はブランケットを持って行こうかな)。

2018年2月22日木曜日

2018.2.22 「新しい俳句にむけて貪欲に自分の俳句を追い詰めていきたい」by山口昭男

2/10
夫と区役所の出張所でマイナンバーカードを受け取り点心を食べる。そのまま柏へ行き、戸籍謄本をゲットして、以前よく行ったカフェでカフェラテを飲む。夫と電車で別れて『アウトロー俳句』のパーティーへ。翼さんはやはり素晴らしい。翼さんが今みたいに人気者じゃないころから私は翼さんのことが好きでよかったと思った。その後バッティングセンターに行く人たちが羨ましくもあったが、おとなしく帰宅して肉まんを食べた。

2/11
日曜日。今まで行っていたクリーニング屋が徒歩10分近くかかる上高いので、近所に見つけた安いところに初めて行ってみた。午後は夫がスマホを替えたいと言うのでドコモショップに行くも2時間待ちと言われてやめ、喫茶店でコーヒーを飲みながら『セトウツミ』を2巻読んだ。本屋で「文學界」と「dancyu」(日本酒号)、パン屋でパンを買って天ぷら屋さんへ。中高の同級生の美食家ごーくんが教えてくれた店とあって上品でよい店だった。2/13が結婚記念日なので前倒しお祝い。帰宅して『セトウツミ』を一気読みした。

2/12
祝日。朝からドコモショップリベンジ。開店10分以内に行ったがそれでもだいぶ時間がかかった。昼は米こだわりのカフェバーに行ったが、ランチメニューがカレーかおむすびの2択しかなく、夫がカレーに200円でチーズトッピングにしたらスライスチーズが1枚のっていただけで(しかも溶けてすらない)憤慨した。私が夫のファミリーに入るというので義母と連絡がとれないといけないらしく、それを待つあいだ吉祥寺に行き、夫のスマホケースと私の帽子、スープ皿をふたつ買って、昨日とは違うカフェに行った。ドコモショップに戻ったが、私は先にコーヒー豆と米を買って帰った。夜は色紙を書いた。

2/13
はじめての結婚記念日。平日だしお祝いも済んでいるので通常運転。先月体調不良でお休みしたお寺の句会、ぼたんの会に行く。存続の危機で若干もめていた。整体に行き、竹岡一郎さんを囲む会へ。竹岡さんとお会いするのは初めてだったが、ファミレスで楽しく話した。帰りは夫と同じ電車で帰る。

2/14
バレンタインデー。初めての英会話。なにもしゃべれなくて焦る。俳句をやっているとメールに書いておいたので、好きな句を聞かれて、「未だ逢わざるわが鷹の余命かな(池田澄子)」と言ってしまい、説明に苦労しまくる。先生はアメリカ出身の19歳。次回からはテキストを使いましょう、と新宿まで一緒にテキストを買うのについて来てくれて、紀伊國屋で買って別れる。緊張しすぎてフレッシュネスバーガーでアボカドバーガーとビール。世界堂に寄って帰宅。

2/15
福田若之・柳元佑太と海城高校へ。部活に関するアドバイスなどをする。吟行はどこに行くのがいいかとか、句会以外になにをやればいいかとか。卒業生も3人来ていて大所帯になった。終わった後、若くん、やなぎーとご飯。惣一郎も来た。

2/16
午前中はかるい二日酔い。昼はイベントの準備。整体のあとドトールでほうじ茶ラテを飲み買い物をして帰る。ビーフシチューの下準備をした。

2/17
羽生結弦ふくむ男子フィギュアを見る。そのあと「上田信治句集『リボン』をほどく」イベント。永福町で花束を買って行った。当日受付は杏香&やなぎーに頼んだが、それ以外(名簿づくり、資料印刷、二次会セッティングなど)はすべて私が仕切っていたのでいろいろひやひやした。予約していない人も来てくれたりして、椅子が足りない事態になったが、二次会まで含め無事終わってよかった。レポートを頼みそびれたのと、せっかく買った花束をみんなの前で渡しそびれたのが残念だった。疲れたので渋谷からタクシーで帰宅。音源あるんですが、どなたかレポート書いてくださったりしませんか?

2/18
日曜日。昼を食べたあと、スロープスタイル決勝を見て、クリーニングと買い物。スロープスタイルの評価基準は、私が俳句を見るときと似ているなと思った。夕方は予定を立てたり歌詞を書き足したりした。夕飯はイワシソテーでリビング中がイワシの匂いになる。英語も少しやる。

2/19
医者に行って買い物。カフェに行って整体。帰宅してひどい偏頭痛におそわれ、5時間ほど寝込む。関西日帰り出張の夫が、東京駅でバファリンプレミアムを買って帰ってきてくれて助かった。

2/20
区役所で書類をもらったのち、デニーズで仕事。午後は出張走鳥堂@枡野書店。相談者は1名、句会は私含め6人。はじめて来てくれた師匠(あだ名)は妹と高校の同級生で(なので私の高校の後輩)話が盛り上がる。二次会でエロ話をしすぎて深く反省する。

2/21
金子兜太さんの訃報。兜太さんと一番長くしゃべったのは、「サライ」の俳句特集で兜太さん・小沢昭一さんと鼎談をしたときだった。「梅咲いて庭中に青鮫が来ている」が好きだと言ったら喜んでくれたのを思い出す。
英会話2回目。まだまだほとんどしゃべれないが、テキストがあるだけマシ。先生は頭の回転が早く、思いやりもあって、ありがたい。終わってからそばを食べてドトールでほうじ茶ラテを飲んで一旦帰宅。
読売文学賞の贈賞式へ。山口昭男さん『木簡』(青磁社)が詩歌俳句分野で受賞し、私は山口さんとは一度もお会いしたことがなかったのに呼んでいただいて、嬉しくてお邪魔した。山口さんは以前神戸市西区にお住まいだったので、私も昔西区に住んでいましたと手紙のやりとりをして以来、勝手に親しい気持ちになっていた。

塵取は土のしめりの浮寝鳥
西國へ水の傾く稲の花
菊枯れて鳩は爪先まで青し
葛咲くや雨はとぐろをまく匂ひ
鶏頭に犬の毛玉の乗つてをり
三人で運ぶ絨毯百千鳥
麦秋や土よりはがす鳥の影
菜殼火に味なき月の上がりけり

など、『木簡』にはいい句がたくさんある。とくに取り合わせがいい。挨拶で「五七五のかたまりが突然現れる」とおっしゃっていた。これからしたいこととして、「波多野爽波、田中裕明の俳句を若い方々に広めていきたい」「本質的な新しさ、新しい俳句にむけてもっともっと貪欲に自分の俳句を追い詰めていきたい」とも。「青」のことなども聞けてよかった。
あと、岸本尚毅さんが「私も取り合わせ解禁しようかな……」とおっしゃっていたのは聞き捨てならぬ、でした。

2018年2月9日金曜日

2018.2.9 大厄を抜け後厄に入った

2/2
揮毫の依頼がきているので世界堂に色紙を買いに行く。泡の洗顔フォームで安くないやつも探して買う。山羊乳とアボカド成分が入っているらしい。ミロードで服を見るがセールはすでに終わっていた。夜は夕飯をつくる気がなくなったため、先日行った魚の店に夫と行く。

2/3
土曜日。れなりんのウエディングドレスの試着について行く。ドレスに興味のない私が、まさかまたこの試着現場を訪れることになるとは思わなかった。ウエディングドレスはこの日はじめて着たもの、カラードレスは前回着たものに決まった。似合っていた。私は披露宴をせずカラードレスは着なかったので(パーティーのときに着たのはそのへんで売ってたやつ)、はじめてちゃんと見たけれどカラードレスは驚くほど着たいと思わず、つくづく着なくて正解だったと思った。それよりはタキシードが着たい。
阿佐ヶ谷の焼鳥屋で鞆彦さん、凱くんと4人で飲んで帰る。

2/4
日曜日。立春。ようやく夫婦揃って人生に一度の「大厄」を抜け、夫婦揃って「後厄」に入った。まだまだ油断はできないが、ちょっとほっとした。お互いたいへんな一年だった。
やる気が出ないと言っていたら夫が奈須正裕『やる気はどこから来るのか』(心理学ジュニアライブラリ03・北大路書房)という本を出してきたので読む。なんでそんな本を持っているのか不思議だ。私がラジオ体操をやると言い出したときも、夫はラジオ体操の本を出してきた。
私は本を読むのが苦手だが、岩波ジュニア新書とか、このジュニアライブラリとか、そういう本なら読める。本を書く人はみんなジュニアに説明するように書いてくれればいいのに、なんで難しく書くのだろう。読んでみてもやる気は出なかったが、小中高時代の自分がなぜあんなにやる気に満ちていたかはよくわかった。やればできる、できればほめられる、ほめられるからやる、の繰り返しだったわけだ。
JTBに行き、オーストラリア行きを申し込む。結婚する前、私製の結婚誓約書をつくったのだが、そこに「かものはしを見にオーストラリアに行く」と書いておいたので、それがいよいよ叶うことになる。タスマニア島のカモノハシハウスに行きたかったが、高かったので断念。夫の好物であるハンバーグを食べて帰宅。しかし夫は前日もハンバーグを食べたらしい。

2/5
JTBに頭金を持って行ってから国会図書館へ。東京新聞の「俳句展望台」(俳句月評だったのが名前が変わった)のための調べ物。そのあと整骨院へ。今までの整体がスピ度がアップして嫌になったので、思い切って近所のところに行ってみた。ぼきぼきぼきっとやってもらった。
なぜ自分に自信がないのかを考えると、やはり今までの俳句をしっかり読んでないことが大きいので、俳句を読もうと思った。あとは姿勢をよくして、英語をやる。と夫に言ったら、さっそく夫が俳句年表をつくりはじめた。朝日文庫のシリーズの巻末年表をもとにつくるらしい。

2/6
昼過ぎまで仕事をしてまた整骨院へ。ドトールに寄って帰宅。ごぼうが余っていたのでポタージュをつくったが、ごぼうがやわらかくなるのを待たずにミキサーにかけたため、じょりじょりのスープができてしまった。夫は「食物繊維は大事だから」と言った。スープなのに噛んで食べた。

2/7
昼まで仕事をして、phaさんとお茶。めんたいこスパゲティとコーヒー、そのあとミックスジュースを飲んだ。書いた文章を見てもらい、小説とかフィクションとか、日常とか官能とかのことをだらだら話した。フィクションを書くのは書く力量がいるが、あったことを書くのなら取捨選択だけでいけるから、わたしのような無能な人間が書くならノンフィクションだと思うけれども、切り売りに見えるとみじめだから難しい。お互い肩が痛かったり腰が痛かったりで、老化だと言い合った。最近私はラジオ体操に加えてストレッチもしているけれどもよくならないので、あたたかくなったら走ろうと思う。ジムに行くことも考えたが、最寄駅のジムが狭そうなのであまり気が進まない。

2/8
ユリちゃんの誕生日。プレゼントはチョコがいいと言っていたので、昼まで仕事をして、京橋のチョコの専門店に夫とユリちゃんの分を買いに行く。整骨院の時間までと喫茶店に入り、英会話をはじめようと思い立つ。母親が教えてくれた英会話サイトは(母親は英会話のレッスンを受けているのだ)、紹介料を払うと登録されている講師のアドレスをゲットできる仕組みで、さっそく登録してメールを送った。整体中に返事がきていて、2/14にトライアルレッスンを受けることに決まる。英語でメールを送るのだが、まったく英語ができないので電子辞書をひきまくって奇妙な文章をつくった。
夫は帰宅してご飯を食べると、毎日俳句年表をつくっている。私は漫画を読んだりツイッターを見たりしているので恐縮だが、だからといって私も勉強しようという気にはならない。やる気が出ないから最低限のことしかしないがしょうがない。洗濯をして夕飯をつくっているから生きていても許されるだろう。

2/9
最近は24時半くらいに寝て7時45分に起きているのだが、やはりそれでは睡眠不足らしく(私はそれまでの平均睡眠時間が8時間半くらいだったので)、いったんは起きたが11時くらいまで寝た。そのあと打ち合わせに行く。打ち合わせ時間を30分勘違いして遅刻する。どうやら今年も本をつくることになりそうだ。かっこいい本にしたい。帰りに渋谷MODIのなかの本屋に寄ったら『君に目があり見開かれ』が2冊もあった。
帰宅して夕飯をつくる。明日の夜は『アウトロー俳句』のパーティーなので、夫の明日の夜用のカレーの下準備もした(あとはルーを入れるだけ)。